コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈慧大師 ジエダイシ

2件 の用語解説(慈慧大師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じえ‐だいし〔ジヱ‐〕【慈慧大師】

良源の勅諡号(ちょくしごう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の慈慧大師の言及

【良源】より

…平安中期の天台宗の僧。俗姓木津氏,近江国(滋賀県)浅井郡に生まれる。12歳のとき比叡山に登り,17歳で出家受戒した。935年(承平5。一説に937年)興福寺唯摩会で義昭と対論して名声をあげ,藤原忠平の知遇をえた。忠平の子師輔も良源と師檀関係を結び,のち良源は摂関家守護の観音の化身であるとの伝承が生まれ,摂関家に尊崇された。949年(天暦3)横川(よかわ)の首楞厳院(しゆりようごんいん)に籠居したが,翌年師輔の推挙で東宮護持僧となった。…

※「慈慧大師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone