コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良源 りょうげん

8件 の用語解説(良源の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良源
りょうげん

[生]延喜12(912).9.3. 近江,浅井?
[没]寛和1(985).1.3. 近江,坂本
平安時代天台宗僧。「ろうげん」ともいう。 12歳で比叡山に登り,顕密の学を修めた。承平7 (937) 年の維摩会で法相宗の義昭を論破,また応和3 (963) 年清涼殿で興福寺の法蔵を屈服させ大いに名声を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうげん〔リヤウゲン〕【良源】

[912~985]平安中期の天台宗の僧。近江(おうみ)の人。勅諡(ちょくし)号、慈慧(じえ)大師。通称、元三(がんざん)大師・角(つの)大師・御廟大師比叡山に入って顕密を学び、内供奉(ないぐぶ)十禅師・天台座主大僧正と進み、比叡山を復興し、天台宗中興の祖とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

良源【りょうげん】

平安中期の仏僧。近江(おうみ)の人。第18代天台座主(ざす)。比叡(ひえい)山で出家。横川(よかわ)に住し,摂関家に尊崇され,堂塔復興,規律制度の整備に努め,比叡山中興の祖とされる。
→関連項目延暦寺西塔浄土教増賀大師講横川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良源 りょうげん

912-985 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)12年9月3日生まれ。理仙,尊意にまなぶ。康保(こうほう)3年天台座主(ざす)となり,堂塔の復興,山内規律の制定,教学の振興につとめ,中興の祖とされる。天元4年大僧正。永観3年1月3日死去。74歳。没後は魔除けの大師として信仰された。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は木津。通称は元三(がんざん)大師,角大師。諡号(しごう)は慈恵大師。著作に「極楽浄土九品往生義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

良源

没年:寛和1.1.3(985.1.26)
生年:延喜12.9.3(912・10.15)
平安中期の天台宗の僧。比叡山中興の祖としてその繁栄と俗化をもたらした。延暦寺第18世座主。琵琶湖東岸の近江国(滋賀県)浅井郡出身で俗姓は木津氏。母方は物部氏。母への孝行は有名で,出家後は比叡山に登れない老母のために苗鹿(大津市)に山荘を作って尽くしたという。12歳の延長1(923)年に比叡山西塔理仙の弟子となり,同6年座主尊意から受戒した。26歳の承平7(937)年,興福寺維摩会の番論議で名声をあげて藤原忠平に認められ,忠平没後はその子師輔,さらに兼家の政治的,経済的後援を得ていった。楞厳三昧院(横川法華三昧堂常行三昧堂)をはじめとして,堂塔の整備と藤原氏など権門の寄進した荘園などによる経済的基盤の確立を行った。応和3(963)年の清涼殿での宗論(応和宗論)でもさらに名声をあげ,ついに異例の昇進で康保3(966)年に天台座主になった。 その直後,比叡山が大火に見舞われたが直ちに復興事業を進め,また天禄1(970)年に『二十六箇条起請』を布告して綱紀粛正を図った。同3年横川の独立を果たしたが,病になり遺言を記した。しかし病が癒えて,その後も順調に僧綱人事の昇進をとげ,天元4(981)年には史上第2番目の大僧正にまでなった。永観2(984)年暮れに横川から坂本弘法寺に下り,翌年没した。弟子のなかでも性空や増賀は良源を批判して師のもとを去った。一方源信,覚運,覚超,尋禅は四哲とされた。しかし権門出身僧,特に師輔の子尋禅が僧綱人事で優遇されたことは,僧界の俗化を進展させた。また良源は慈覚派(山門派)として智証派(寺門派)との対立を,特に智証派の余慶の法性寺座主就任をめぐる抗争でさらに激化させ,没後に両者が決定的決裂に至る種を蒔いた。著書『九品往生義』がある。寛和3(987)年に慈慧の諡号が贈られたが正式には大師号は付されなかった。俗称の元三大師はその忌日からであり,後世,豆大師,角大師などの大師信仰が盛んになっていった。<参考文献>藤原斉信編『慈恵大僧正伝』,同『慈恵大僧正拾遺伝』,平林盛得『良源』

(勝浦令子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょうげん【良源】

912‐985(延喜12‐寛和1)
平安中期の天台宗の僧。俗姓木津氏,近江国(滋賀県)浅井郡に生まれる。12歳のとき比叡山に登り,17歳で出家受戒した。935年(承平5。一説に937年)興福寺唯摩会で義昭と対論して名声をあげ,藤原忠平の知遇をえた。忠平の子師輔も良源と師檀関係を結び,のち良源は摂関家守護の観音の化身であるとの伝承が生まれ,摂関家に尊崇された。949年(天暦3)横川(よかわ)の首楞厳院(しゆりようごんいん)に籠居したが,翌年師輔の推挙で東宮護持僧となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうげん【良源】

912~985) 平安中期の天台宗の僧。天台宗中興の祖。勅諡ちよくしは慈慧大師、通称を正月3日に没したので元三がんさん大師という。応和の宗論で東大寺法蔵を屈服させ、のち内供奉十禅師、966年天台座主。981年大僧正。延暦寺の復興に努め、また二十六条式を制定して風紀を引き締めた。 → つの大師

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良源
りょうげん
(912―985)

平安中期の天台宗の僧。近江(おうみ)国(滋賀県)浅井郡の出身。俗姓木津(きづ)氏。延喜(えんぎ)12年9月3日生まれ。幼時から霊童とされ、梵釈(ぼんしゃく)寺覚阿(かくあ)に勧められ、923年(延長1)比叡山宝幢院(ひえいざんほうどういん)月燈(がっとう)のもとへ行き、ついで理仙(りせん)に学び、928年出家した。いまだ受戒して僧とならぬうちに理仙が寂したので、尊意について受戒し、喜慶(きけい)や満賀、相応(そうおう)らを歴学して天台教学顕密二教に通じた。937年(承平7)に興福寺の維摩会(ゆいまえ)に参列して、早くも頭角を現し、以後密教修法に精通し灌頂(かんじょう)を受けた。横川首楞厳院(よかわしゅりょうごんいん)を創(はじ)め、藤原師輔(もろすけ)から横川法華三昧(ほっけさんまい)堂も寄進された。963年(応和3)の清涼(せいりょう)殿での論義に、最澄(さいちょう)以来の定性(じょうしょう)二乗(生まれながら声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)たるもの)も成仏(じょうぶつ)すると主張して奈良の学僧と論争した応和宗論(おうわのしゅうろん)は、良源の名を高めた。964年(康保1)内供奉(ないくぶ)十禅寺、966年第18世天台座主(ざす)となる。比叡山内に六月会広学竪義(りゅうぎ)(論義問答)をおこして天台宗の教学振興を図る。当時焼亡した講堂などの復興にも敏腕を振るい、その他一山諸堂の造営は数多い。かくて比叡山の僧徒は2700人を数えた。963年に律師、968年(安和1)権少僧都(ごんのしょうそうず)、981年(天元4)大僧正(そうじょう)と、仏教界の綱位を極め、輦車(れんしゃ)の使用も許された。論義の振興のほか、密教修法にも効験あらたかで宮中に祈祷(きとう)するなど活躍した。また一山の経営では、寺観を整えるばかりでなく、対立をみせていた円仁(えんにん)門徒と円珍門徒の協力態勢をとらしめ、厳にその対立を止めさせた。藤原師輔(もろすけ)との交流深く、その子を出家させ尋禅(じんぜん)とし、後事を託するなど、延暦(えんりゃく)寺の貴族化にも影響が大きい。弟子にはほかに増賀(ぞうが)や源信(げんしん)などもあり、『九品往生義(くほんおうじょうぎ)』を著すなど浄土教を盛んにした。命日1月3日にちなみ元三(がんさん)大師と通称され、没後慈恵(じえ)大師と諡(おくりな)された。また天海(てんかい)と並んで両大師とよばれる。死後早くから伝説化され、鎌倉時代には良源の木像を多数つくって寺に納めたり、1万体の画像を摺(す)って戸口に貼(は)ったり魔除(まよ)けの護符とする風習を生じ、比叡山横川の大師堂などから出される角(つの)大師、魔滅大師(豆大師)の護符とともに、その霊験(れいげん)が独自の信仰を生んだ。[木内曉央]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の良源の言及

【縁日】より

…弘法大師(空海)をまつる真言宗寺院では,毎月21日が縁日で,元三大師の場合は1月3日である。元三大師は天台宗良源上人のことで,正月の厄払いの機能をもっており,正月の縁日は人口に膾炙(かいしや)している。七福神の一つ毘沙門天は,1月,5月,9月の最初の寅の日が縁日,とくに正月の初寅の縁日が知られる。…

【延暦寺】より

…その後,円仁,円珍が現れて寺運は発展の一途をたどり,開創から1世紀を経ずして,早くも9世紀中ごろに延暦寺は仏教界最大の勢力となった。10世紀に入ると,905年(延喜5)宇多法皇が登山受戒したころから,皇室・摂関家の信仰を集め,10世紀中葉の座主良源の時代,966年(康保3)山上諸堂焼失の厄もあったが,つぎつぎと復興され,大衆三千といわれる学徒が雲集し,当寺は全盛期を迎えた。しかし,このころから慈覚(円仁),智証(円珍)両門徒の対立が進行激化し,ついに993年(正暦4)に至って慶祚以下の智証派1000余人は下山して園城寺(三井寺)に拠った。…

【僧兵】より

…そのなかでいわゆる裹頭(かとう)という独特の風体と,僧侶らしからぬ武勇の描写は,僧兵が寺院社会横暴の副産物という印象を後世にのこすことになった。室町時代前期に成立した《山家要記浅略》には,天台座主良源が,仏聖灯油・供料を確保し,他宗の攻撃を退けるため,愚鈍・無才の僧徒を〈武門一行之衆徒〉(武芸専門の僧徒)となしたとあり,この説は後に《大日本史》に継承され,僧兵の起源とされた。ところが970年(天禄1)良源みずから記した《二十六箇条起請》には,僧徒が裹頭にて堂内に入り行法を妨げることを禁じ,また武器を帯し寺内を横行する僧徒の捕縛を定めており,《山家要記浅略》の説は史実として認めがたい。…

【大師信仰】より

…暮の11月23日に大師講と称し,小豆粥やだんごを作って,大師が村に来るのを歓待するとか,大師が来て麦やソバをもたらしたとする伝説も多い。 元三大師は角大師ともいわれるが,天台の僧良源のことで,正月の3日に生まれたからこの名がついたとされる。祈禱をよくするため,民間に厄よけ,疫病よけとして信仰される。…

【薬師】より

…平安時代に入り密教修法が盛んになると,《七仏本願功徳経》による七仏薬師法が発達した。七仏薬師法は,薬師7体を並べて祈るもので,9世紀の円仁がはじめたというが,10世紀の中ごろ天台宗の良源が摂関家の安産祈願に修して以来,有名になった。東密では七仏薬師法を行わないが,台密では除病安産など息災増益の秘法として特に重んじた。…

※「良源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

良源の関連キーワード尊意僧正孝暢豪恕上人元三大師中興の祖義清行真遍救明救妙立

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良源の関連情報