慈栢(読み)じはく

朝日日本歴史人物事典の解説

慈栢

生年:生没年不詳
室町時代,一休の女性の弟子。大徳寺真珠庵に残る一休の十三回忌および三十三回忌の奉加帳に森侍者慈栢の名がみえる。一休が晩年に熱愛した盲目の女性森女と同一人物と考えられるが,なお森女と同一視することを疑問視する見解もある。<参考文献>柳田聖山『一休』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android