コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧萼 えがく

世界大百科事典内の慧萼の言及

【観音】より

…観音の霊場として最も崇信されたのは,浙江省舟山列島の普陀山で,文殊をまつる山西省の五台山,普賢をまつる四川省の峨嵋山とともに,天下の三大仏教道場とされた。とくに海上商人や漁師の信仰をうけたこの普陀山の開基は,日本の入唐僧の慧萼と伝えられている。浙江省の紹興から寧波(ニンポー)を通って普陀山にいたる観音霊場まわりが流行し,その場面が絵画に描かれたりした。…

※「慧萼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慧萼の関連キーワード義空(1)橘嘉智子檀林寺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android