コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶徳麗子 けいとく れいこ

美術人名辞典の解説

慶徳麗子

国学者。初名隆、字は子奇、号は紫山・清渚。荒木田武遠の次女、同武遇の養女、慶徳家雅の妻。伊勢生。西山昌林に連歌を、里村昌迪に語学を学ぶ。漢詩・連歌を能くした。著書に『月の行方』『池の藻屑』等がある。文化3年(1806)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

慶徳麗子の関連キーワード荒木田麗女荒木田麗国学者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android