成果報酬型広告(読み)せいかほうしゅうがたこうこく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

成果報酬型広告

インターネット上で利用される広告の方式。広告を通じてユーザーがホームページを訪れ、商品を注文したり資料請求を行なうなど、実際に何らかの成果があった場合に広告料が発生する。広告料はその成果が何かによって変わってくる。広告主にとっては費用対効果がより明確なのがメリットと言える。広告を掲出する側にとっては、広告料を得るためのハードルが高い。ただし、広告料の単価も高くなるため、効果的に掲出することで、より効率的に広告料を得られる。「アフィリエイト」も成果報酬型広告の一種。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android