コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田忠太夫 とだ ちゅうだゆう

2件 の用語解説(戸田忠太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田忠太夫 とだ-ちゅうだゆう

戸田忠敞(とだ-ただあきら)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田忠太夫

没年:安政2.10.2(1855.11.11)
生年:文化1.6(1804)
幕末の改革派水戸藩士。諱は忠敞。亀之助,銀次郎,忠太夫と称し,蓬軒,清洲と号す。戸田忠之と安島信可の娘の長男。安島帯刀は弟。文政12(1829)年,藩主徳川斉脩の継嗣として徳川斉昭を擁立する運動に参加。斉昭襲封後,江戸通事,累進して天保11(1840)年に執政,藤田東湖と藩の天保改革中枢を形成。弘化1(1844)年5月に斉昭が隠居謹慎に処せられると免職蟄居。同4年,隠居謹慎,嘉永5(1852)年閏2月に処分解除。6年に幕府海防掛,安政1(1854)年6月,執政に復帰,翌2年の安政大地震で江戸藩邸で圧死。東湖らと共に幕府海防参与の斉昭のブレーンを務めたが,彼らの死後,斉昭の意見は精彩を失ったという。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田忠太夫の関連キーワード藤田小四郎戸田忠敞大関増美亀之助鮎沢伊太夫岡部三十郎谷鉄蔵戸田孝甫長谷川作十郎水戸藩天保改革

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone