コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房山石経 ぼうざんせっきょうFang-shan shi-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房山石経
ぼうざんせっきょう
Fang-shan shi-jing

中国,北京市房山県にある房山山頂の石室壁面に刻まれた経文。隋の僧静えんが発願して刻みはじめ,唐,遼,金,元の代まで受継がれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone