経文(読み)きょうもん

精選版 日本国語大辞典「経文」の解説

きょう‐もん キャウ‥【経文】

〘名〙
仏教経典にのせた文章。また、経典。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「或唱誦経文
② 一般に宗教で、その教徒の守るべき教えやきまりを示した神聖な書。経典。
※ぎやどぺかどる(1599)上「きりしとゑばんぜりよの経文に、御親とたびたびよび給ふのみならず、何れの経文にも、如此唱へ奉る事の多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android