手水鉢の金魚(読み)チョウズバチノキンギョ

デジタル大辞泉の解説

手水鉢(ちょうずばち)の金魚(きんぎょ)

癪(しゃく)に障るをしゃれていう語。手水鉢には柄杓(ひしゃく)が添えてあるので、「に触る」と「癪に障る」を掛けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android