コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手水鉢 チョウズバチ

デジタル大辞泉の解説

ちょうず‐ばち〔てうづ‐〕【水鉢】

手を洗う水を入れておく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

手水鉢【ちょうずばち】

手や口を洗いきよめる水を入れる容器。杉柄杓(すぎびしゃく)を添えるのが一般。寺社御手洗所には古くからあり,自然石を利用したもの,銅器水盤,木桶(おけ)などを用いたが,鎌倉時代以降,石を加工したものが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうずばち【手水鉢】

手を洗い口をすすいで清める水,すなわち手水をためておく鉢。多くは石造で,自然石をそのまま用いたもの,貝,舟,富士,一文字,棗(なつめ)などの形に加工したもの,また四方仏や五輪塔水輪(下から2段目の石),橋杭などを利用したものがあり,銅製陶磁器のものもある。神仏に詣でるときにを清め口をすすぐ風習は古く,伊勢神宮上賀茂神社には,川に石畳をしつらえて御手洗(みたらし)が設けられている。また神嘗祭(かんなめさい)でも御手洗の儀礼が行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうずばち【手水鉢】

手水を入れておく鉢。茶室の露地や、庭園の飾りにも用いられる。手洗い。 → つくばい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ちょうずばち【手水鉢】

手を洗ったり、口をすすいだりするための水(=手水)を(た)めておく鉢。石製のものが多い。参拝前の身を清めるために寺社の境内に置かれるほか、茶庭日本庭園の重要な構成要素とされる。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手水鉢
ちょうずばち

手洗いに使うための水鉢をいう。石造品がもっとも多く使われるが、陶製、鉄製、銅製、木製のものも用いられる。蹲踞(つくばい)用、立ち使い用、鉢前(はちまえ)(縁先手水鉢)用とでは、多少形式を異にするものもあるが、共通して使えるものが少なくない。形式はすこぶる多いが、自然石系、加工物系、利用物系に大別することができる。自然石系では、自然石を見立て適宜水穴をうがったものもあれば、「釜山海(ふざんかい)」のごとく水穴も自然に生じたくぼみを活用する例がある。加工物では、たとえば棗(なつめ)型、鉄鉢型、方形袈裟(けさ)型、水盤型など、円形、方形、多角形を基本に多様な形がくふうされた。また茶の湯の好古趣味は、五輪塔、宝塔、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、石灯籠(いしどうろう)、礎石、橋杭(はしぐい)などの部分を活用して、さまざまな意匠の水鉢をつくりだした。とくに鉢前手水鉢では、これらの水鉢の意匠が、しばしば建物に情趣を添え、庭との調和を巧みに演出する。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

手水鉢の関連キーワード松江藩主松平家墓所茶庭(ちゃにわ)東海庵書院庭園ひらかな盛衰記手水鉢の金魚四方仏手水鉢縁先手水鉢孑孒・孑孑親敵討腹鞁傾城反魂香棗形手水鉢見立て物手洗い鉢火点し石中村昌生無間の鐘折れ込む石切梶原桂菴墓蜘蛛手

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手水鉢の関連情報