コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶清滅洋 ふしんめつよう

大辞林 第三版の解説

ふしんめつよう【扶清滅洋】

清朝を助けて西洋を討ち滅ぼす意。中国清末、欧米勢力の進出に反対して民族主義者が用いた標語。義和団のスローガンとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の扶清滅洋の言及

【義和団】より

…多額の賠償金のほか,北京・山海関沿線の外国の駐兵権を認め,人民の反帝運動の鎮圧を清朝が義務づけられるなど,中国の半植民地化をいっそう深めるものであった。 1899年から1900年にかけ,義和団が〈扶清滅洋〉の旗をかかげたことから,清朝と義和団の関係については異なる評価があるが,清朝は基本的に反人民的立場をとりつつも,宮廷内抗争もからんで懐柔・利用と弾圧の両面の対応の間を揺れ動き,対外的には排外主義と投降主義の間を揺れ動いた。結局,義和団と帝国主義列強の両者から追いつめられ,帝国主義の側に投降したのである。…

※「扶清滅洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

扶清滅洋の関連キーワード義和団事件スローガン義和団事変義和団標語西洋清朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android