投機的リーダーシップ(読み)とうきてきりーだーしっぷ

世界大百科事典内の投機的リーダーシップの言及

【リーダーシップ】より

…制度的(代表的)リーダーシップは,価値体系の安定した政治社会に成立するリーダーシップで,リーダーは大衆の利益感覚に訴えながら課題の解決を図る。創造的リーダーシップは,危機的状況に際してこれまでの価値体系そのものの変革を図ることにより指導権を獲得しようとするものであり,危機的状況においても,価値体系は変えることなしに,大衆の閉塞した不満を投機的に充足しようとするのが投機的リーダーシップである。制度的リーダーシップの例には,自由主義諸国の民主政治が,創造的リーダーシップの例には,ロシア革命や中国革命のリーダーシップが,投機的リーダーシップの例には,ナチズムやファシズムなどの全体主義的リーダーシップが,それぞれあげられるであろう。…

※「投機的リーダーシップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android