投石刑(読み)とうせきけい

世界大百科事典内の投石刑の言及

【刑具】より

…絞首には絞首台および綱が,焚殺には柱,薪,綱,釘が,四つ裂きには馬が,十字架刑には,股木,柱,綱が用いられた。奇異なものとしては,鞭打ち後に狼皮の帽子と木靴をつけられた罪人が牛皮袋に蛇等とともに封じこまれ,黒牛の荷車で運ばれて川に投ぜられるローマの袋刑,共同体全員が処刑に参加する投石刑,車輪で全身の骨を砕いたのち体を車輪に編みつけて,これを竿先に掲げ地に挿して放置する車刑等がある。皮髪刑には,刑柱,綱,鞭またはかみそりが,もしくは烙印用赤鉄が用いられる。…

※「投石刑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android