拡散律速の反応(読み)かくさんりっそくのはんのう

世界大百科事典内の拡散律速の反応の言及

【反応速度】より

…この値は中和反応速度とよく一致し,中和反応はH3OとOHが拡散し遭遇すると直ちに反応し,反応速度は遭遇の速度により決められていることを示している。このような反応を拡散律速の反応という。
[水素とハロゲンの反応]
 水素とヨウ素の反応H2+I2⇄2HIは1897年ドイツのボーデンシュタインErnst August Max Bodenstein(1871‐1942)により研究され,283~508℃の範囲で正逆両反応とも二次反応であることが確かめられた。…

※「拡散律速の反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android