捻紙の法(読み)ねんしのほう

世界大百科事典内の捻紙の法の言及

【奈良時代美術】より

…鋳型の上に薄い銅板をのせ,鎚によって打ち出すもので,これも量産に適している。再建法隆寺では,金堂壁画が大陸請来の〈捻紙(ねんし)の法〉で描かれた。炭化させた瓢を酒に溶き,これを塗布した紙,すなわち捻紙を用いる一種のカーボン転写法である。…

※「捻紙の法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android