コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採餌 さいじ

デジタル大辞泉の解説

さい‐じ【採餌】

[名](スル)動物がえさを探し、つかまえて食べること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の採餌の言及

【餌】より


[食物としての餌]
 一般に動物は食物という形で必要な栄養を取り込まなければならない。この場合の食物がもっとも基本的な意味での餌であり,餌をとることを摂食(または採食,採餌)という。 何を餌とするかは動物によって異なり,動物を食べるもの(肉食),植物を食べるもの(草食),両方を食べるもの(雑食)などの区別がある。…

※「採餌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

採餌の関連キーワードツバメチドリ(燕千鳥)コメツキガニ(米搗蟹)ズグロチャキンチョウシャクケイ(舎久鶏)ホオダレムクドリモグリウミツバメリュウキュウガモモモイロペリカンコウギョクチョウハサミアジサシネッタイチョウコイワシクジラトウゾクカモメカラマツガイデンキウナギボタンインコデンキナマズハシビロガモタイワンリスフエガラス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

採餌の関連情報