コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掩体壕 エンタイゴウ

2件 の用語解説(掩体壕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんたい‐ごう〔‐ガウ〕【×掩体×壕】

戦闘機などを敵の爆撃から守るために建設された格納庫コンクリート製でかまぼこ型のものが多い。バンカー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

掩体壕

軍用機を敵の空襲から守るための格納庫。太平洋戦争サイパン島が陥落し、米軍による空襲が本格化する1944年ごろから各地の飛行場でつくられた。建設には地元住民も動員された。戦後公開された資料では、米軍は飛行場を空襲する前の偵察で壕の位置を特定しており、ほとんど防御効果はなかったという専門家もいる。ダミー飛行機を置いていたという証言もある。

(2010-05-20 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掩体壕の関連キーワード軍用機掩壕海壁格納格納庫軍用金防楯掩護LIDEN小田原空襲

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掩体壕の関連情報