コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掩体壕 エンタイゴウ

2件 の用語解説(掩体壕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんたい‐ごう〔‐ガウ〕【×掩体×壕】

戦闘機などを敵の爆撃から守るために建設された格納庫コンクリート製でかまぼこ型のものが多い。バンカー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

掩体壕

軍用機を敵の空襲から守るための格納庫。太平洋戦争サイパン島が陥落し、米軍による空襲が本格化する1944年ごろから各地の飛行場でつくられた。建設には地元住民も動員された。戦後公開された資料では、米軍は飛行場を空襲する前の偵察で壕の位置を特定しており、ほとんど防御効果はなかったという専門家もいる。ダミー飛行機を置いていたという証言もある。

(2010-05-20 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掩体壕の関連情報