播磨稲日大娘(読み)はりまのいなびおおいらつめ

世界大百科事典内の播磨稲日大娘の言及

【吉備氏】より

…古代の吉備の豪族。《古事記》《日本書紀》の伝承によれば,景行(天皇)の妃となり日本武(やまとたける)を生んだ播磨稲日大娘は同氏の出身で,日本武とともに蝦夷遠征に功のあった吉備武彦の娘は日本武の妃となり,吉備武彦の子の鴨別は仲哀(天皇)の熊襲征討に功があり,応神(天皇)の妃の兄媛や仁徳(天皇)の妃の黒媛も吉備氏の出身という。これらを通じて,大王家に女を入れて婚姻関係を結び,その軍事行動に参加するという形で,大王勢力と結合関係にあったことが知られる。…

※「播磨稲日大娘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android