コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急外科 きゅうきゅうげか

世界大百科事典内の救急外科の言及

【外科】より

…消化器外科分野でも,食道癌,膵癌はいうに及ばず,メスを加えることができないといわれた肝臓癌の手術さえも,可能となった。今日の交通や工業の著しい発達は,広範囲熱傷や多発外傷を二次的産物としてもたらしたが,これにともない救急外科が発達分化し,その後の瘢痕(はんこん)形成や運動機能回復のための形成外科を分離させることになった。また先天性奇形や新生児・乳幼児を対象とする小児外科も当然のことながら分離独立した。…

【手術】より

…胃癌の手術に関しては,日本の成績は世界に誇りうるものである。
[救急外科,形成外科の進歩]
 20世紀における2回の世界大戦や幾多の戦乱は,医学の面に限っていえば,ショックや感染症などに対する知見を豊かにし,破傷風や熱傷などに対する救急的外科処置が大いに改善された。ことに重度熱傷に対しては,無菌室での開放的療法,皮膚移植,人工皮膚,広域抗生物質の発達,輸液療法の改善などが相まって,救急治療の実をあげることができるようになった。…

※「救急外科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救急外科の関連情報