コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数打ち カズウチ

デジタル大辞泉の解説

かず‐うち【数打ち】

大量に製作した粗末な刀剣。数打ち物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かずうち【数打ち】

仕入れ物用に、打ち物鍛冶が大量生産した刀や槍。作者の銘は入れないものが多いが、鍛冶の一派がすべて同銘を入れることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

数打ちの関連キーワードロケット(飛行体)欠陥マンション問題スペースシャトル宇宙太陽光発電青谷上寺地遺跡サザナミガイアサガオガイ助広(初代)鬼麿斬人剣八反取り仕入れ物杭上住居刀鍛冶一派

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android