コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新し ニイシ

デジタル大辞泉の解説

にい・し〔にひし〕【新し】

[形シク]あたらしい。
「―・しき鉤(ち)を作りて兄(このかみ)に与ふ」〈神代紀・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらたし【新し】

( 形シク )
あたらしい。 「 - ・しき年の初めの初春の/万葉集 4516」 〔平安時代に「あたらし(可惜)」と混同され、のちには「あたらし」が専用された〕

にいし【新し】

( 形シク )
あたらしい。 「 - ・しき館むろつみを難波の高麗の館の上に造る/日本書紀 推古訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新しの関連キーワードリコール(Philippe Ricord)冠旧けれど沓にははかずボン・マルシェ[会社]アンドレ アントアーヌ冠旧けれど沓に履かず桂 ざこば(初代)ドークマイ ソットドークマイ・ソットアカデミックスウォバツキジェロムスキオイストラフモダンガールダルマティカモダンボーイ靴・沓・履古めかしいモダニズム忠臣水滸伝石清水物語

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新しの関連情報