日中国交回復促進議員連盟(読み)にっちゅうこっこうかいふくそくしんぎいんれんめい

世界大百科事典内の日中国交回復促進議員連盟の言及

【藤山愛一郎】より

… すでに戦前2度も訪中,蔣介石と会見するなど中国への関心の深かった藤山は,晩年を日中友好,国交回復にささげた。1955年にはバンドン会議で周恩来らの中国代表団と同席,60年安保のさいも〈日米安保のあとは日中打開だ〉ともらしていたが,70年3月,日中関係打開の先達松村謙三に同行した訪中以後,藤山はしだいに日中国交回復運動の中心的存在となり,70年12月日中国交回復促進議員連盟を結成した。71年10月,日中議連の訪中団長として日台条約を無効とする共同声明に調印,自民党から党紀違反の処分を受けたが屈しなかった。…

※「日中国交回復促進議員連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android