日本ブッククラブ(読み)にほんぶっくくらぶ

世界大百科事典内の日本ブッククラブの言及

【ブッククラブ】より

…西ドイツでは50年にベルテルスマンBertelsmann社が〈レーゼリングLesering〉を組織,書店を通じて配本を行うなどの方式を成功させ,300万人もの会員を擁する世界最大のブッククラブとなった。 日本では69年12月,外資系ブッククラブの進出計画が明らかになったことをきっかけに,出版,取次,小売の三者協力による〈全日本ブッククラブ〉が設立された。これは西ドイツ方式にならい,小売店を通じ会員を獲得するものだったが,業績不振により73年に解散した。…

※「日本ブッククラブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android