日本ボクシング・コミッション(読み)にほんぼくしんぐこみっしょん

世界大百科事典内の日本ボクシング・コミッションの言及

【ボクシング】より

…そのかたわら,東洋フェザー級チャンピオンと称した堀口恒男(ピストン堀口,1914‐50)の連打につぐ連打の戦法が人気を集め,だんだんと大衆の認知を得るようになった。 戦後の47年に全日本ボクシング協会が設立され,欧米と同じようなチャンピオン争奪システムが確立,52年には日本ボクシング・コミッションが設立され,オフィシャルな形で試合は管理されるようになった。この52年には白井義男(1923‐ )が日本人として初めて世界チャンピオン(フライ級)となり,昭和30年代のいわゆる高度成長期にはテレビの普及とともに,野球や相撲に次ぐ人気スポーツになった。…

※「日本ボクシング・コミッション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android