日本人町(読み)にほんじんまち

世界大百科事典内の日本人町の言及

【南洋日本人町】より

…彼ら渡航者の一部は現地に残り,人口の多い場合は特定の地域に日本人だけの集落をつくった。これが南洋日本人町と呼ばれるもので,だいたい朱印船渡航の頻度に応じて,ベトナム中部のフェイフォ(現在のホイアン),トゥーラン(ダナン),タイのアユタヤ,ルソン島のマニラ郊外にあるディラオとサン・ミゲル,カンボジアのプノンペンとピニャールーの合計7ヵ所であるが,他国人の間に分散して住む例は,マカオ以南に少なくとも20ヵ所あり,ほとんど東南アジアの全域に及んでいる。日本人町の最盛期の推定人口はマニラ郊外の3000人,アユタヤの1500人をはじめ,7ヵ所の全日本人町で総計5000人以上に達したようである。…

【フェイフォ】より

…17世紀初頭,クアンナム(広南)朝がフエに都して以来,トゥーラン(現,ダナン)とともに国際貿易港として栄えた。とくにこの市の日本人町は朱印船貿易によって繁栄し,伊勢の豪商角屋七郎兵衛をはじめ,多くの日本人が移住した。市中の来遠橋は別に日本橋と呼ばれ,郊外には〈日本平戸顕考弥次郎兵衛谷公之墓〉(1647建),〈日本考文覧具足君墓〉(1689建)が残るという。…

※「日本人町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android