コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋日本人町 なんようにほんじんまち

百科事典マイペディアの解説

南洋日本人町【なんようにほんじんまち】

17世紀初めごろから同世紀末近くまで,東南アジア各地に形成された日本人居留民の町。日本人の海外渡航はすでに16世紀の終りごろから増加していたが,朱印船制度の確立とともにいちだんと盛んとなり,鎖国まで続いた。
→関連項目アユタヤ朝ディラオ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんようにほんじんまち【南洋日本人町】

17世紀初めごろから末近くまで,東南アジア各地に形成された日本人居留民の町。日本人の海外渡航はすでに16世紀の終りごろから増加していたが,朱印船制度(朱印船)の確立とともに一段と盛んになった。1636年(寛永13)の第4回鎖国令発布までの約30年間に発給した朱印状の数は合計356通に達するが,実際の渡航船隻数はこれより多かったと考えられる。その行先は交趾(現在のベトナム中部),暹羅(タイ),呂宋(フィリピンのルソン島),柬埔寨(カンボジア),東京(トンキン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南洋日本人町の関連キーワード海外渡航禁止令キリシタン山田長政ホイアンアユタヤ日本人町ダナンマカオ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android