日本土木会社(読み)にほんどぼくかいしゃ

世界大百科事典内の日本土木会社の言及

【建設業】より

…同時期,土木業界は,1870年(明治3)に開始された新橋~横浜間の鉄道工事および引き続いての明治年間の主要鉄道網の建設とともに請負業として成長した。87年,最初の法人組織による建設会社として有限責任日本土木会社(大成建設の前身)が設立されている。官営建設工事が直営施工から請負方式に変えられていたことにより,官庁発注工事を一括受注しようという意図で設立された大建設企業であった。…

【大成建設[株]】より

…この時期,新橋停車場の一部や鹿鳴館などの工事を手がけた。87年渋沢栄一,藤田伝三郎が日本最初の法人建設企業,有限責任日本土木会社を設立し,大倉組商会の土木建築業務を継承した。93年大倉喜八郎が再びその業務を継承して大倉土木組と改称。…

【藤田組】より

…政商的色彩が強く,79年には〈藤田組贋札事件〉で取調べを受け,その活動は民権派の攻撃の的となった。藤田組設立後は84年に小坂鉱山の払下げを受け,また87年に大倉喜八郎の参加を得て内外用達会社,有限会社日本土木会社(最初の法人組織による建設会社)を設立して用達・土木部門を分離した。93年にこの両社を大倉に譲渡して鉱山に主力を集中したが,この間,放漫な経営方針と小坂鉱山の減産によってたびたび経営危機に陥った。…

※「日本土木会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android