日本平和学会(読み)にほんへいわがっかい

世界大百科事典内の日本平和学会の言及

【平和研究】より

…ことに社会科学の分野では1960年代初期に,石田雄,川田侃,浮田久子,坂本義和,関寛治,細谷千博,武者小路公秀などが研究グループである〈日本平和研究懇談会〉を結成し,平和研究の制度化に努力した。そして73年に〈日本平和学会〉が発足したことにより,日本での本格的な研究活動が始められるにいたった。〈日本平和学会〉は日本学術会議との共催で,92年7月京都においてアジアで初めて〈国際平和研究協会〉(IPRA)総会を,約200人の外国人研究者の参加のもとで開催し,日本における平和研究の発展に寄与した。…

※「日本平和学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本平和学会の関連情報