コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本消費者連盟 にほんしょうひしゃれんめい Consumers Union of Japan

1件 の用語解説(日本消費者連盟の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

日本消費者連盟

1974年に発足。個人参加が原則で、企業や官公庁への公開質問状や提訴など、いわゆる告発型の消費者運動を展開。主な活動は原子力発電合成洗剤遺伝子組み換え食品などの反対運動。総会員数は約4500人(2006年8月現在)。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本消費者連盟の言及

【コンシューマリズム】より

…この運動と1900年代および30年代の消費者運動との基本的相違点は,後者が単に個々の製品の品質・経済性を問題にしたのに対し,前者はその背後にある企業姿勢および社会的責任を問題にしたことである。これは日本の消費者運動にも大きな影響を与え,告発型の日本消費者連盟等の設立,70年以降の本格的消費者主権確立運動の展開の契機となった。一方,行政の消費者保護施策の推進,企業の消費者問題への対応(消費者問題部門をはじめとする消費者関連部門の設置等)を促進した。…

【消費者運動】より

… 日本では第2次大戦まで,生活協同組合(生協)すら未発達で消費者運動はほとんど存在せず,敗戦後の窮乏状態のなかで生協の定着,主婦連合会などの婦人団体による陳情型の運動の開始によってその歴史が始まった。60年代中ごろ以降,安全性の問題などをめぐる告発型の運動が広がりはじめ,69年にはこの新しい動きを代表する日本消費者連盟の発足をみた。70年代初めのカラーテレビ不買運動(〈不買運動〉の項参照)の成功などにより運動は大きな発展を示したが,73年の第1次石油危機を境に消費者運動組織は環境,エネルギー問題への関心を深めつつある。…

※「日本消費者連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本消費者連盟の関連キーワード企業会計原則個人企業朝鮮人参人参座キッキングザパック人参色配分原則経済3団体社会人野球日本選手権大会株式投資の三原則

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本消費者連盟の関連情報