日本第四紀学会(読み)にほんだいよんきがくかい

世界大百科事典内の日本第四紀学会の言及

【第四紀】より

…個別科学には,地形学,地質学,火山学,氷河学,陸水学,海洋学,古気候学,古生物(動物,植物とくに花粉やケイ藻)学,生態学,地球物理学,地球化学,土質工学などがある。日本ではこれら諸分科が日本第四紀学会を組織しているが,各国の第四紀学会や研究組織が国際第四紀学連合という国際的な研究組織に加わっている。地質時代【新堀 友行】。…

※「日本第四紀学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android