日本自治団体労働組合総連合(読み)にほんじちだんたいろうどうくみあいそうれんごう

世界大百科事典内の日本自治団体労働組合総連合の言及

【自治労】より

連合,公務員共闘(日本公務員労働組合共闘会議)の有力組合で,県庁・市役所・町村役場,自治体関連企業・団体などの職員を組織している日本最大の産業別労働組合。その前身は,府県職員組合を結集した全国公共団体職員組合連合会(全公連)と都市職員組合を結集した日本都市労働組合同盟(都市同盟)が二・一ストを経て1947年に結成した日本自治団体労働組合総連合(自治労連)である。自治労連は2年後に全日本自治団体労働組合協議会(自治労協)と自治労連に分裂したが,54年再統一し,現在に至っている。…

※「日本自治団体労働組合総連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android