日道(読み)にちどう

朝日日本歴史人物事典の解説

日道

没年:享和3(1803)
生年:生年不詳
江戸後期の日蓮宗の僧。江戸・日暮里の延命院は日蓮宗京都妙顕寺の末寺で,慶安・承応年間(1648~54)に日長 が身延七面山を勧請したのに始まる。幕府や水戸徳川家の厚い信仰を得て,壮大な堂塔伽藍を誇っていたが,寛政年間(1789~1801)に住職となった日道は,参詣の婦女と淫楽にふけり,堕胎まで行ったとして,享和3(1803)年幕府によって断罪処刑された。この事件を,のちに河竹黙阿弥が戯曲化して「日月星享和政談」を書き,明治11(1878)年に5代目尾上菊五郎が日当こと日道に扮して演じたことで,延命院事件は世間の注目を集めた。<参考文献>『延命院実記』(『近世実録全書』2巻)

(佐々木馨)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日道の関連情報