早馬役(読み)はやうまやく

世界大百科事典内の早馬役の言及

【早馬】より

…1261年(弘長1)東海道の宿々に2疋の早馬を常備させたが,その最短速度は,鎌倉・京都間で3,4日,京都・博多間が6,7日ときわめて速く,この制度が鎌倉幕府の安定,強化に役立った点は計り知れない。早馬は早馬役,早打役などとも呼ばれ,御家人の負担で,京都大番役などに次ぐ重要な御家人役であった。鎌倉幕府の崩壊とともに駅逓制度も消滅し,その後,早馬は単に馬に乗る急使などの一般的意味に用いられた。…

※「早馬役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android