コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌俊 しょうしゅん

朝日日本歴史人物事典の解説

昌俊

没年:文治1(1185)
生年:生年不詳
平安末期の僧。土佐房と号す。前身源義朝に従った金王丸であるともいう。はじめ観音房と号し大和国針荘の狼藉事件で土肥実平に預けられ,やがて源頼朝に従った。頼朝の命により,対立した源義経を京都に襲撃したが,失敗して鞍馬山に逃れ,捕らえられて斬られた。

(西村隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

昌俊の関連キーワードデービス(Raymond Davis Jr.)リカルド ジャッコーニスーパーカミオカンデKAMIOKANDE全国共同利用型研究所ニュートリノ天文学超新星ニュートリノ宇宙素粒子物理御所桜堀川夜討ニュートリノマゼラン星雲ノーベル街道人事労務の日カミオカンデ岐阜県飛騨市土佐房昌俊松花堂昭乗9月19日ノーベル賞ジャコーニ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昌俊の関連情報