昌俊(読み)しょうしゅん

朝日日本歴史人物事典の解説

昌俊

没年:文治1(1185)
生年:生年不詳
平安末期の僧。土佐房と号す。前身源義朝に従った金王丸であるともいう。はじめ観音房と号し大和国針荘の狼藉事件で土肥実平に預けられ,やがて源頼朝に従った。頼朝の命により,対立した源義経を京都に襲撃したが,失敗して鞍馬山に逃れ,捕らえられて斬られた。

(西村隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昌俊の関連情報