コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山仲次 ほしやま ちゅうじ

2件 の用語解説(星山仲次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山仲次 ほしやま-ちゅうじ

金海(きんかい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

星山仲次

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸初期の朝鮮出身の薩摩焼の陶工。薩摩焼竪野系藩窯の開祖。釜山の出身で,朝鮮名は金海。文禄の役で朝鮮に出兵した島津義弘に従って文禄4(1595)年渡来し帰化,翌慶長1(1596)年帖佐(鹿児島県姶良郡姶良町)に窯を開いたと伝える。義弘は彼を士分格で待遇し,名を星山仲次と改めた。通説では元和7(1621)年12月に57歳で没したというが,判然としない。帖佐の窯の出土品は九州の窯ならどこでも使う黒釉をベースに,藁灰の白釉を併用しており,彼が半島から土と釉を持参したという通説は成立しない。窯は元和6年には鹿児島の竪野に移り,子孫は代々仲次を称した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の星山仲次の言及

【薩摩焼】より

…桃山時代,文禄・慶長の役の際,領主島津義弘は朝鮮より多くの陶工を連れ帰った。その一人金海(星山仲次)が,姶良(あいら)郡の帖佐宇都に窯をきずいたのが始まりと伝える。これが宇都(うと)窯である。…

※「星山仲次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

星山仲次の関連キーワード牧興相弘尊安土桃山時代薩摩焼沢庵古薩摩朝鮮唐津火計政常朴平意

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone