コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山仲次 ほしやま ちゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山仲次 ほしやま-ちゅうじ

金海(きんかい)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

星山仲次

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸初期の朝鮮出身の薩摩焼陶工。薩摩焼竪野系藩窯の開祖。釜山の出身で,朝鮮名は金海文禄の役で朝鮮に出兵した島津義弘に従って文禄4(1595)年渡来し帰化,翌慶長1(1596)年帖佐(鹿児島県姶良郡姶良町)に窯を開いたと伝える。義弘は彼を士分格で待遇し,名を星山仲次と改めた。通説では元和7(1621)年12月に57歳で没したというが,判然としない。帖佐の窯の出土品は九州の窯ならどこでも使う黒釉をベースに,藁灰の白釉を併用しており,彼が半島から土と釉を持参したという通説は成立しない。窯は元和6年には鹿児島の竪野に移り,子孫は代々仲次を称した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の星山仲次の言及

【薩摩焼】より

…桃山時代,文禄・慶長の役の際,領主島津義弘は朝鮮より多くの陶工を連れ帰った。その一人金海(星山仲次)が,姶良(あいら)郡の帖佐宇都に窯をきずいたのが始まりと伝える。これが宇都(うと)窯である。…

※「星山仲次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

星山仲次の関連キーワード有村碗右衛門星山嘉入田原友助竪野焼芳仲

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android