コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星細胞 セイサイボウ

世界大百科事典内の星細胞の言及

【クッパー星細胞】より

…1876年,ベルリン大学教授であったクッパーKarl von Kupffer(1829‐1902)は,肝臓に塩化金による染色を施し,これによって染まる星型の細胞を見いだし,星細胞Sternzellenと命名した。ついで1898年,彼は墨汁を注射した動物の肝臓の洞様毛細血管の内皮の位置にあって異物(墨汁)をとりこむ細胞を星細胞と発表した。…

※「星細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

星細胞の関連キーワードアルコール性肝障害びまん性星細胞腫サテライト細胞弥漫性星細胞腫クッパー星細胞後頭蓋窩腫瘍脳良性腫瘍脳悪性腫瘍脊髄腫瘍神経膠腫汪 先恩クッペル脳腫瘍脳浮腫神経膠

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android