コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暁降ち アカトキクタチ

デジタル大辞泉の解説

あかとき‐くたち【降ち】

《「くたち」は動詞「くたつ」の連用形から》夜がその盛りを過ぎて、明け方近いころ。
「今夜(こよひ)の―鳴く鶴(たづ)の思ひは過ぎず恋こそまされ」〈・二二六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかときくたち【暁降ち】

夜がふけて、暁になる時分。 「今夜の-鳴く鶴たずの/万葉集 2269

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暁降ちの関連キーワード万葉集たづ時分