コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連用形 レンヨウケイ

大辞林 第三版の解説

れんようけい【連用形】

用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第二番目に置かれる。「白く光る」における「白く」のように、下の用言に続くときに使われる形。他に、「山青く、水清し」の「青く」のように、文をいったん中止したり、「休み」「遠く」のように名詞に転用したりするのに用いられる。なお、動詞の場合には、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などに接続したりする。また、文語の四段・ナ変・ラ変の動詞や口語の五段動詞には、本来の形のほかに音便の形があり、形容詞には本来の形のほかに音便やカリ活用の形もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連用形の関連キーワードにしてからが有り触れた伸り・反り躙り・躪り御機嫌よう御安く無いなさります打ち延へ賑やかし荒くれた淀み無く安く無い参らせ候こずみ逸早く中止形取分け損ない国文法てしが

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連用形の関連情報