連用形(読み)レンヨウケイ

大辞林 第三版の解説

れんようけい【連用形】

用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第二番目に置かれる。「白く光る」における「白く」のように、下の用言に続くときに使われる形。他に、「山青く、水清し」の「青く」のように、文をいったん中止したり、「休み」「遠く」のように名詞に転用したりするのに用いられる。なお、動詞の場合には、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などに接続したりする。また、文語の四段・ナ変・ラ変の動詞や口語の五段動詞には、本来の形のほかに音便の形があり、形容詞には本来の形のほかに音便やカリ活用の形もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れんよう‐けい【連用形】

〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では、第二段におかれる。その用法は、文中で文を中止したり、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などを伴ったり、形容詞の場合には、連用修飾語にもなる。なお、動詞は、この形を複合のための要素とし、この形で名詞化する。文語の四段・ナ変・ラ変活用の動詞、口語の五段活用の動詞には、本来の形のほか音便の形があり、一・二段活用では未然形と同形。形容詞活用では、音便の形、また、「あり」との結合による形が併合される。「連用形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」の命名、連用言に基づく。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第二活用形の『死に』は『死に損ふ』『死に難し』のく、直に他の動詞又は形容詞即用言に連る形なれば連用形といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android