連用形(読み)れんようけい

精選版 日本国語大辞典「連用形」の解説

れんよう‐けい【連用形】

〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では、第二段おかれる。その用法は、文中で文を中止したり、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などを伴ったり形容詞の場合には、連用修飾語にもなる。なお、動詞は、この形を複合のための要素とし、この形名詞化する。文語の四段・ナ変・ラ変活用の動詞、口語の五段活用の動詞には、本来の形のほか音便の形があり、一・二段活用では未然形と同形。形容詞活用では、音便の形、また、「あり」との結合による形が併合される。「連用形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」の命名、連用言に基づく。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第二活用形の『死に』は『死に損ふ』『死に難し』のく、直に他の動詞又は形容詞即用言に連る形なれば連用形といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連用形」の解説

れんよう‐けい【連用形】

国文法で活用形の一。活用する語の語形変化のうち、文中で文を中止するときの形。また、文語では助動詞「けりたり」など、口語では助動詞「」などを伴っ用いられ、形容詞の場合には連用修飾語にもなる。六活用形の第二に置かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android