コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暑さ忘れて陰忘る アツサワスレテカゲワスル

デジタル大辞泉の解説

暑(あつ)さ忘れて陰(かげ)忘る

暑さが去るとともに木陰のありがたみを忘れる。苦しいときに人から受けたも楽になるとすぐ忘れてしまうことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつさわすれてかげわする【暑さ忘れて陰忘る】

暑さが去ると、緑陰のありがたさを忘れる。受けた恩を忘れることの早い人情のたとえ。暑さ忘れれば陰忘れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暑さ忘れて陰忘るの関連キーワード暑さ緑陰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android