暮れ六つ(読み)クレムツ

大辞林 第三版の解説

くれむつ【暮れ六つ】

江戸時代の時刻法で、日暮れ方の六つ時。季節によって変動するが、おおよそ今の六時ごろ。酉とりの刻。また、その時刻に鳴らす鐘。 ⇔ 明け六つ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android