暮れ六つ(読み)クレムツ

大辞林 第三版の解説

くれむつ【暮れ六つ】

江戸時代の時刻法で、日暮れ方の六つ時。季節によって変動するが、おおよそ今の六時ごろ。酉とりの刻。また、その時刻に鳴らす鐘。 ⇔ 明け六つ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android