曇石山文化(読み)どんせきざんぶんか

世界大百科事典内の曇石山文化の言及

【彩陶】より

…黄河中流で発達する仰韶文化の彩陶は周辺の新石器文化に強く影響し,大汶口(だいぶんこう)文化(山東),紅山文化(遼寧),屈家嶺文化(湖北),大渓文化(湖北,四川)の土器のなかに混入するか,類似の彩陶を産出させた。福建地方の新石器文化である曇石山文化には,細砂灰陶に赤色の斑文や格子の彩文を描いた短頸壺があり,この系統の彩陶が台湾にまでおよんでいる。遼寧から吉林にかけて広がる殷・周時代並行の夏家店下層文化にも華麗な彩陶がある。…

※「曇石山文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android