コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲搗き(読み)キョクヅキ

大辞林 第三版の解説

きょくづき【曲搗き】

唄や囃子はやしに合わせて身振りおかしく餅もちなどを搗くこと。また、それをする人。近世では、粟餅あわもちを搗いたり、ところてんを突いたりした。 「粟餅の-をしてゐる店の前を通つて/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる