コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)立て カキタテ

デジタル大辞泉の解説

かき‐たて【書(き)立て】

書いたばかりであること。また、そのもの。
1項目ずつ書き上げた文書。箇条書き。
「四人づつ―に従ひて、それ、それと呼び立てて乗せ奉り」〈・二七八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

書(き)立ての関連キーワード無縁法界箇条書き