コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文書 ぶんしよ

8件 の用語解説(文書の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

文書

ワープロ書類など、テキスト主体の書類を指す語。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐しょ【文書】

《古くは「ぶんじょ」とも》文字で書き記したものの総称。書籍・書類・書状・証文など。書き物。ふみ。もんじょ。「―で回答する」「公―」

もん‐じょ【文書】

書きつけ。書類。ぶんしょ。「古―」「紙背―」
古文書学で、ある人から他の人にあてて発給され、何らかの効果を期待された書きもの。他の人を意識しないものは記録という。

もん‐ぞ【文書】

《「もんそ」とも》「もんじょ(文書)」に同じ。
「―といふ物見給へつきぬれば」〈宇津保・蔵開上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんしょ【文書】

〔古くは「ぶんじょ」とも〕
文字で書き記したもの。書き物。かきつけ。書類。もんじょ。

もんじょ【文書】

文字を書き記したもの。かきもの。かきつけ。書類。文献。ぶんしょ。 「東大寺-」
〔古文書学〕 ある人が相手に意志伝達のために書き記したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

文書

特定の個人や機関がその活動の過程で特定の相手に向けて作成した記録.「もんじょ」とも読む.本や雑誌は,不特定多数の者に向けて刊行され,多くの場合市販されることを前提としているのに対して,文書は,発信者と受信者が特定されており,市販されないと考えられる.発信者と受信者の関係が公的な場合に公文書,私的な場合に私文書という.公的な活動は,その性質から何らかの証拠を残すことが必要な場合が多く,官公庁が刊行する公文書を略して文書という場合もある.また,近世以前の古文書,古記録に対して,近代以降のものを文書という.

文書

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文書の関連キーワード勘定書今文尚書計算書雑記初裏初表書契帳付け書付ける

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文書の関連情報