コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾之唯 そう しい

朝日日本歴史人物事典の解説

曾之唯

没年:寛政9.10.20(1797.12.7)
生年:元文3(1738)
江戸中期の篆刻家。本姓は曾谷氏。名は之唯,字は応聖,通称は忠助。学川,半仏居士,九水漁人,仏斎,読騒庵,曼陀羅居などの号がある。学を細合半斎に受けて詩書をよくし,篆刻は高芙蓉に学んで,最もよく師風を得て,芙蓉の影子と称せられた。著に『印籍考』『印語纂』などがあり,特に前者は当時の印学の水準を知るための絶好の資料である。また料理の趣味があり,特に豆腐を好み,その調理法を解説した『豆腐百珍』『豆腐百珍続篇』の著がある。

(北川博邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

曾之唯の関連キーワード曾谷学川

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android