コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾谷学川 そだに がくせん

1件 の用語解説(曾谷学川の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾谷学川 そだに-がくせん

1738-1797 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家,漢詩人。
元文3年生まれ。京都の人。片山北海に儒学を,高芙蓉(ふよう)に篆刻をまなびその高弟として「芙蓉の影子」とよばれた。大坂にすみ,細合斗南らと交遊。混沌社に参加して詩作をよくした。寛政9年10月20日死去。60歳。名は之唯(しい)。字(あざな)は応聖。通称は仲介。別号に読騒,仏斎。著作に「印籍考」「曼陀羅稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

曾谷学川の関連キーワード羅城合田錦園三鍼島雅重信性樗雲中島勘左衛門(3代)藤吉子虎森俊韶山地芙蓉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone