コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾谷学川 そだに がくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾谷学川 そだに-がくせん

1738-1797 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家,漢詩人。
元文3年生まれ。京都の人。片山北海儒学を,高芙蓉(ふよう)に篆刻をまなびその高弟として「芙蓉の影子」とよばれた。大坂にすみ,細合斗南らと交遊。混沌社に参加して詩作をよくした。寛政9年10月20日死去。60歳。名は之唯(しい)。字(あざな)は応聖。通称は仲介。別号に読騒,仏斎。著作に「印籍考」「曼陀羅稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曾谷学川の関連キーワード曾之唯

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android