コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

替エ かえ

世界大百科事典内の替エの言及

【小書】より

…能でも狂言でも,謡・囃子・所作のすべての面にわたって流派ごとに一応の規範が定められているが,ある部分については二つ以上の奏演法が認められていて,奏演者の裁量に任されていることがある。その場合,そのうちの一つを基本の奏演法とし,他を変形の奏演法(〈替エ(替)〉と総称する)と規定していることが多い。そうした替エの奏演法のうち,伝授を受けなければ奏演を許されない事項(これを〈習イ〉と総称する)が小書の主体となる。…

※「替エ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

替エの関連キーワード石炭並びに石油及びエネルギー需給高度化対策特別会計新エネルギー・産業技術総合開発機構バイオマス・ニッポン総合戦略地熱発電(ちねつはつでん)フィッシャー=トロプシュ法グリーン・ニューディール石油代替エネルギー促進法オーランチオキトリウムエネルギー外交[日本]アラブ石油輸出国機構総合エネルギー調査会スティーブン チュー石油代替エネルギー法石油代替エネルギー非化石エネルギー法再生可能エネルギーメタンハイドレート国際エネルギー機関クリーンエネルギーアルコール植物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android