コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有効塩素量 ゆうこうえんそりょう

1件 の用語解説(有効塩素量の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ゆうこうえんそりょう【有効塩素量】

さらし粉などに含まれる漂白に有効な塩素の量(質量パーセント)。漂白・消毒作用の強さを表す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の有効塩素量の言及

【漂白剤】より


[酸化性漂白剤]
 さらし粉は代表的な酸化性漂白剤で,主成分はCa(ClO)2・CaCl2・2H2Oである。有効成分のCa(ClO)2が酸素を発生し酸化漂白するが,その際酸化に有効に働く塩素量を有効塩素量といい,酸化力の目安とする。さらし粉は石灰乳に塩素ガスを通して製造するが,工業製品の形態としては水に溶解し液状としたさらし液,通常のさらし粉,および純度の高い高度さらし粉がある。…

※「有効塩素量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone