コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有相唯識 うそうゆいしき

世界大百科事典内の有相唯識の言及

【安慧】より

…西インドのカーティアーワール半島にあるワラビーValabhīに生まれ,徳慧(とくえ)の教えをうけた。安慧の学説は,〈無相唯識〉といわれ,同時代に活躍した護法(ダルマパーラ)Dharmapālaの学説〈有相唯識(うそうゆいしき)〉と区別される。その特色は,すべての心作用を根底から規定している潜在意識,すなわちアーラヤ識は究極的には否定され,見るものと見られるものの区別を失った絶対知が得られる。…

【ディグナーガ】より

…彼の論理学はその孫弟子であるダルマキールティによって継承発展させられた。なお初期の著作と思われるものに,《俱舎論》《八千頌般若経》に対する注釈・要約があり,また《観所縁縁論》は有相唯識説を説き,唯識説を認識論的に緻密にしたとされる唯識派の学匠としての彼を知る上で重要である。唯識派【松本 史朗】。…

【唯識派】より

…世親後の重要な論師としては,陳那(ぢんな)(ディグナーガ),無性(むしよう),安慧(あんね),護法(ダルマパーラ),戒賢,法称(ほつしよう)(ダルマキールティ)らがあげられる。学派としては,世親→安慧→真諦と続く無相唯識派と,陳那に始まり無性→護法→戒賢→玄奘とつながる有相唯識派とが対立した。この唯識派の思想が中国にもたらされ,地論宗摂論宗(真諦の系統),法相宗(玄奘の系統)の三つの学派が成立した。…

※「有相唯識」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone